MENU
フリーダイヤル

福岡本店:0120-907-433

年中無休 10:00〜20:00

フリーダイヤル

名古屋店:0120-502-253

年中無休 月~土 10:00~20:00 / 日祝 10:00~18:00

1分で完了!!買取依頼はコチラ!!

MENU

CLOSE

【ブログDEゴザル】ワインに法律があるDEゴザル❔

%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3

ブログ

2019.05.29

【ブログDEゴザル】ワインに法律があるDEゴザル❔

こんにちは!お酒買取専門店DEゴザル福岡本店です😀😀

本日も元気いっぱい営業しております😜😜

 

さて本日はフランスワインについてお話していきます。

皆様は、ワインの法律、

AOP法(旧AOC)をご存知ですか❔

これはワインの品質を守るために定められたものなんです😁😁

ワインは世界規模の巨大産業である為

粗悪品が出回らない様にする為にも

品質をいかに保つかということが最重要な所です。

そのためワインを産出する国では、

ワイン造りに関する法律を制定し、質の良いを守っているのです🤪🤪

この法律によってワインの格付けが決まります(他にメドックの格付け等もあります。)

 

元々4つのカテゴリーで分けられていた物でしたが、

2009年からはEUの規定の変更により、3カテゴリーに分類されなおしました。

AOP ,IGP, Vin de tableの順に規制が少なくなっていきます。

また、AOPの正式名称は「Appellation d’origine protégée」、日本語に訳すと「原産地呼称保護ワイン」と呼ばれます。

IGPは「Indication géographique protégée」、日本語では「地理的表示保護ワイン」と訳され、

AOPは特定の産地で生産される上級ワインを指し、地域や品種など細かく定められています。

IGPは従来のVin de Paysに相当し、品種、地域などが定められており、「Vin de table」は特定の生産地域の表示がないテーブルワインとなります。

簡単にいえば、AOPが特定の産地で生産される上級ワイン、IGPが生産地域を表示できるテーブルワイン、Vin de tableが生産地域の表示がない下級のテーブルワインという事です。

ちなみに、日本に輸入されるワインのほとんどがAOPになっています😘😘

 

という事で今回はここで終わります。簡単にお話したつもりですが、

やはりワインは奥が深く、簡単にしようと思ってもすこし長くなってしまいました🤣🤣

直ぐにまたお酒についての豆知識や、お酒を売るときに使える情報などを更新しますので

もしよければまた見ていただけたら幸いです。✨✨

 

ではさようなら👋👋