お酒買取専門店DEゴザル

1分で完了!!買取依頼はコチラ!!
MENU CLOSE

「ダラ・ヴァレ・ヴィンヤーズ”Maya”」高価買取致しました。の買い取り紹介と買取価格の相場

img_4655

買取日

2023.04.09

買取

ワイン

「ダラ・ヴァレ・ヴィンヤーズ”Maya”」高価買取致しました。

【ダラ・ヴァレ・ヴィンヤーズ”Maya”】
いつもゴザルグループ全店をご利用頂きまして誠に有難うございます。お酒買取専門店DEゴザル 新宿御苑駅前店でございます。

 
先日は『ダラ・ヴァレ・ヴィンヤーズ”Maya”』を高価買取致しました。

 

img_4655

 

年間生産わずか500ケース。非の打ち所がない深みとバランスを備えた、ナパにおいて妖艶と言われるカるトワイン。

 

 

マヤを手掛けるのは、ナパ・ヴァレーに本拠地を置くワイナリー、ダラ・ヴァレ。

 
ダラ・ヴァレは、1982年にダイビングの器材メーカー「スキューバプロ」を設立したイタリア人実業家グスタフ・ダラ・ヴァレ氏が、有名かルトワインの一つ、スクリーミング・イーグルを造る不動産業者ジーン・フィリップス氏より、オークヴィル東部の畑を購入したことから始まりました。

 
ヴァレ氏は元々イタリアで175年以上もワイン事業に関わる由緒ある家系の出身で、アメリカ移住後に彼がワイナリーを始めることはもはや必然的でした。

 

 

1995年にヴァレ氏が他界してからは、妻である日本出身のナオコ氏がワイナリーを運営していましたが、2017年にヴァレ夫妻の娘であり、ワインの名前の由来でもあるマヤ氏がディレクターに就任。

 
現在は母娘でワイナリーを運営しています。

 
また2021年には、イタリアにおけるスーパータスカンの筆頭として不動の地位を誇る「オルネライア」とのジョイントベンチャー、「DVO」プロジェクトを発表。

 
ナパを代表する世界的なワイナリーとして今後の動向への注目が更に高まっています。

 

 

ダラ・ヴァレの畑が位置するのは、オークヴィル東部の標高122mの斜面。

 
斜面にある畑は栽培のコストがヴァレー・フロア(谷床部)の2倍以上かかってしまうため、当時斜面にブドウ樹を植える生産者は殆どいませんでした。

 
そのような中、ヴァレ氏は故郷トスカーナのカンティーナを思わせる光景からインスピレーションを受け、いち早く土地のポテンシャルを発見。

 
斜面でのブドウ栽培において、言わばナパ・ヴァレーにおける先駆者的存在として知られています。

 

 

この度お買取りとさせていただいたヴィンテージは2018。

 
各賞も高得点を叩きだしている実力派。

 

 

≪Awards≫
Wine Advocate: 100
Wine Spectator: 97
James Suckling: 98
Vinous: 98

買取価格

ナパにおいて妖艶と言われるカルトワイン「マヤ」

2024%e5%b9%b46%e6%9c%88%e3%80%80%e3%82%b2%e3%83%aa%e3%83%a9cp%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

キャンペーン終了まであと
0ヶ月1日9時間28分59秒

8日間限定ゲリラキャンペーン🐵✨買取数量の到達次第終了!

詳しくはこちら