お酒買取専門店DEゴザル

1分で完了!!買取依頼はコチラ!!
MENU CLOSE

「オクトモア EDITION 06.3」高価買取致しました。の買い取り紹介と買取価格の相場

img_6834

買取日

2023.06.25

買取

ウィスキー

「オクトモア EDITION 06.3」高価買取致しました。

いつもゴザルグループ全店をご利用頂きまして誠に有難うございます。お酒買取専門店DEゴザル 新宿御苑駅前店でございます。
先日は「オクトモア EDITION 06.3」を高価買取させて頂きました。

 

 

img_6834

 

オクトモア(Octomore)は、スコットランドのアイラ島にあるブルックラディ蒸留所(Bruichladdich Distillery)が生産しているウィスキーのブランドです。
オクトモアは非常に高いピート度を特徴としており、その特徴的な香りと味わいが愛されています。

 

 

ブルックラディ蒸溜所にて、オクトモアが誕生したのが2002年の9月23日。
フルーティーでフローラル、そしてリッチなアロマを持つブルックラディが、フェノール値の高いモルトを使用したらどんなウイスキーに仕上がるのか…?
そんな好奇心から、当時の最高責任者であるマーク・レイニア氏、そしてマスターディスティラーのジム・マッキュワンが冒険的にリリースしたブランドです。

 

 

オクトモアの特徴的な点は、そのピート度の高さです。
ピート度(PPM)はフェノールと呼ばれる化合物の濃度を表し、ウィスキーに独特のスモーキーな香りと味をもたらします。
一般的なスコッチウィスキーのピート度は数〜数十PPM程度ですが、オクトモアは100PPMを超える極めて高いピート度を誇ります。
そのため、オクトモアは非常に強烈なスモーキーな香りとフレーバーを持つウィスキーとして知られています。

 

 

オクトモアの製品ラインナップには、さまざまな年数やバッチのバリエーションがあります。
一部のリリースでは、特定のヴィンテージやフィニッシュ(さらなる熟成)が施されたものもあります。
また、オクトモアはボトルデザインにもこだわっており、独自のスタイリッシュなパッケージングが特徴です。

 

 

オクトモアは、ウィスキーコレクターやウィスキーファンにとって人気のあるブランドであり、その特徴的なスモーキーさやコンプレックスな風味を楽しむことができます。
ただし、個人の好みによっては、その強烈なスモーキーさが合わない場合もありますので、試飲する前に注意が必要です。

 
このオクトモアには様々なエディションナンバーが御座いますが、つけ方には大まかルールがあります。

 

まず1の位がリリースされた年数。

 

つまり1桁が同じ数字ならば、同じ年に発売されたボトルということ。

 

次に小数点以下

 

「××.1」…バーボン樽100%原酒使用
「××.2」…がワイン樽熟成原酒とのヴァッティング
「××.3」…希少なオクトモア農場産の大麦を使用したもの。100%オクトモア地区で生まれたオクトモアの中のオクトモア。
「××.4」はヴァージンオーク(新樽)100%原酒使用

など、年数の他に熟成樽や原料産地を細かく管理できるようにナンバリングされています。
近年次々にバージョンが増えていますが、蒸溜所は敢えて細かく分類することで飲み手に違いを楽しんで欲しいと考えているようです。

買取価格

正に唯一無二。孤高の存在「ブルックラディ」

2024%e5%b9%b42%e6%9c%88%e3%80%80%e3%82%b2%e3%83%aa%e3%83%a9cp%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-1-1

キャンペーン終了まであと
0ヶ月0日18時間17分5秒

待望の激熱キャンペーン!【山崎NV・山崎12年・響JH・響BC・白州NV・白州12年】

詳しくはこちら