MENU
フリーダイヤル

福岡本店:0120-907-433

年中無休 10:00〜20:00

1分で完了!!買取依頼はコチラ!!

MENU

CLOSE

【ブログDEゴザル】不思議なジャパニーズウイスキー❔DEゴザル

%e9%a2%a8%e5%91%82%e9%a2%a8%e5%91%82

ブログ

2019.11.29

【ブログDEゴザル】不思議なジャパニーズウイスキー❔DEゴザル

皆様こんにちは、お酒買取専門店ゴザル福岡本店で御座います🙉

日中の気温も大分落ち込み本格手に冬を感じ始めました、こんな寒い日は鍋に、熱燗なども良いですね!😍😍

 

さて今回は昨日買取させて頂きました、ジャパニーズウイスキー (JapaneseWhiskey)

STATUTORY (サントリー) プレステージ 25年について少し気づいた事がありましたので

その事にについて少しお話させて頂きます!🤗

【STATUTORY (サントリー) プレステージ 25年の買取実績の記事はこちら】

 

さてまず詳しい事をお話しする前に簡単に、このお酒について説明致します。

【サントリー プレステージ 25年】

・ブレンデット ウイスキー

・容量・640ml アルコール度数・43%

・発売日 1989年 (販売期間約1年∼2年) ※サントリー創業90周年記念で発売

 

さてパット見た感じは特に違和感のない長期熟成のウイスキーに見えると思います。

もしかしたらこの時点でお気づきになっている方もいるかとは思いますが

実はこの25年と発売日が不思議なんです🤔🤔。

まずブレンデットウイスキーと言うのは原料,蒸留方法等が異なる

モルト原酒と、グレーン原酒をヴァッティング(合わせる)したウイスキーになります。

そして25年と言うのはこの中に入っている原酒の最低熟成年数になりますので

最低でも25年以上樽熟成した原酒が入っていることになります。

つまり最低でも発売日の1989年より25年前1964年以上前に仕込んだものになります。

さてここまで来るとウイスキーに詳しい方は、ピンッと来た方もいるかもしれません。

そうなんです、この1964年に以前にサントリーの蒸留所は1923年に建てられた山崎蒸留所しかないんです。

白州蒸留所は1973年,知多蒸留所は1972年と、どの蒸留所も1989年には25年を超える原酒は

存在しないんです、、、、😱😱

この1989年当時サントリーには、山崎の25年以上熟成したモルト原酒はあっても、25年以上のグレーン原酒は

存在しないんです、、、

(ニッカウイウイスキー 余市蒸留所には25年を超える原酒はあり)

なのでこのボトルの中のグレーン原酒は何が使われているか不明なんです、、😱😱

一部では海外から取り寄せた等様々な事が考えられていますが、

確かな事は分かっていません、、😅😅

しかし、ウイスキーの美味しさは、本物でウイスキーファンからは高評価を受けています!👍👍

さらに上記に説明した不明な部分もある意味謎が楽しめて予測するのが

面白いと言うような意見もあり、希少な原酒が使われている事もあり

今現在も高値がついております!😁😁

 

当店でもこのような希少な古酒高価買取しております!💪💪

更に只今、期間限定キャンペーン開催しておりますので、買取金額アップのチャンスです

詳細はこちら👉👉👉【年末大掃除,在庫整理応援キャンペーン】

是非お酒をお売りの際は当店をご利用ください!👍👍

 

さて今回はここまで、また豆知識、お酒の情報など更新しますので

是非次回もご覧下さい!